買取価格アップ!空ボトルは洗わない方がいい

空ボトルは、中にお酒が入っていないので、お酒としての価値はありません。
しかし、ボトルや瓶としての価値が残されています。

それを最大限引き出すために、中身の入っていないボトルや瓶は洗わずに買取に出すようにしてください。
これが買取価格をアップさせるための一つの重要なポイントとなります。

お酒は舌のみで楽しむものではありませんよね。
香りにもその銘柄の特徴や歴史や生産者のこだわりなどが詰まっており、コレクターやマニアは、そうした香りの部分でもお酒を楽しんでいます。

空ボトルを洗ってしまうと、その香りがなくなってしまうのです。
これが、洗わないことで買取金額がアップする理由です。

また、高級なお酒には偽物も出回っています。
香りが残っていることでその真贋を見極めることにも役立つのです。

香りはお酒にとって大切な要素の一つ。
抵抗感のある人もいるかもしれませんが、買取価格を一番に考えるなら、洗わずに査定に出してみましょう。

買取価格を挙げるなら!付属品をつけること

さらに空ボトルの金額や価値を上げたいなら、付属品も忘れてはいけません。

空ボトルのみでも買い取ってもらえるような高級なお酒であればあるほど、付属品が存在しています。

・木箱や観音開きの化粧箱
・本物を証明するためのギャランティーカード
・お酒の詳細や説明が記載されている冊子
・栓を開けた後にお酒の劣化を防ぐための替栓

 

など、あらゆる付属品があるはずです。

付属品の中には希少なものも少なくないですし、本物か偽物かを判断するための材料になりますから、これらが揃っていれば買取価格を最大限引き上げることができるでしょう。

家中を探し回り、できるだけ多くの付属品を揃えておく価値があります。

お店によって買取価格は違う!複数店舗で仮査定

空ボトルにどれだけの価値を見出すか、それはお店や買取業者によって異なります。
中には空ボトルの買取を行っていないところもあるほどです。

損をしないよう、複数店舗で仮査定をしてもらい、どこが最も高い価値をつけてくれるのかを見極めてから売り先を決定しましょう。

複数店舗に仮査定してもらうメリットには、以下のことが考えられます。

・空ボトルが買取可能かどうかを判断できる
・空ボトルを最も高く買い取ってくれるお店を選別できる
・他の店舗の査定額を材料に交渉できる

 

空ボトルの場合は、千円程度の違いもかなり大きなものになるでしょう。
数百円の差でも非常に大きいです。
それを知らずに、「どこもこんなものだろう」と思ってしまうと損をしてしまいかねません。

面倒に感じるかもしれませんが、今ではオンライン上で簡単に査定してもらえるので、そうしたツールを使いながら買取価格をアップさせましょう。

傷の無いボトルが高く売れる!

当たり前のことではありますが、傷付きのボトルと傷の全くないボトルでは、後者の方が圧倒的に高く売ることができます。
中身が入っていない空ボトルなら尚更です。

お酒を飲んで楽しむ過程で傷がついてしまうこともありますが、空いたボトルを飾っている最中や、あるいはしまっていた場所から出したり、またしまったりしている作業中に傷をつけてしまうこともあるでしょう。

ほんのわずかな傷でも査定額が下がってしまう可能性があるので、「売ろうかな」と思ったら、それ以上傷が付く前に査定と買取に出してしまうべきです。

長く所有していればいるほど、また、買取に出すかどうか迷う期間が延びれば延びるほど、査定&買取金額が下がっていくと思っておきましょう。

言い換えれば、空のボトルの買取金額を上げるポイントは、「今すぐに売る!」ことなのです。