お店による!お店選びが重要になってくる

お酒は、栓を開ける前と後では、その価値がまるで異なってくる飲み物です。
当然、栓を開けてしまえば、栓を開ける前よりも価値が落ちてしまいます。
落ちるというより、全く無くなると言っても過言ではないでしょう。

ただ、開封済みのお酒も買取してもらえないと決まったわけではありません。
開封の仕方や開封後の取り扱い方、そして、そのお酒を買取に出す業者やお店によっては、売ることができるのです。

1社に断られたからといって、諦めるのはもったいない。
業者が異なれば査定額や買取金額が変わってくるように、業者が異なれば開封済みのお酒の買取の可否も変わってきます。

お店の選び方次第でそのお酒の運命が変わってくるわけですから、買取対象が幅広く、例え開封されていたとしても鑑定と査定次第では買い取ると明言している業者を選び、相談してみる価値はあるでしょう。

開封済みのお酒は味が落ちている可能性がある

開封済みのお酒でも買い取ってもらえる可能性はわずかばかりありますが、高額での買取は、まず期待できません。
そもそも開封されているお酒に関しては一切取り扱っていない業者やお店もあるので、その価値はほとんどないと認識して問題ないでしょう。

これは、お酒が“飲み物”であることが関係しています。
飲み物は口に入れ、その味を楽しむもの。
栓の開封されたお酒は空気に触れ、その瞬間に酸化が進み、味が落ちている可能性が高いために価値が下がってしまうのです。

また、口に入れ体内に取り込むため、その安全性が保たれていなければなりません。
栓が空いているお酒の中に、お酒以外のものが入れられている可能性も否定できないでしょう。

そんなお酒に高いお金を出して買い取る業者など存在しているわけがありませんよね。

こうした理由から、開封済みのお酒は買取されないか、されたとしても開封前と比較するとかなりの低価格での買取となります。

お酒の瓶も査定基準!ビンが無傷なら買取可能な場合が多い!

栓が開けられていても、時に高額で買い取ってもらえるケースもなくはありません。
お酒の瓶やボトルなどの容器に高い価値があると認められたケースです。

お酒の中には、しばしばバカラ製のボトルに入れられたものがあります。
洋酒が多いですが、和酒でも時々見かけますね。
また、和酒の場合には、人間国宝の陶芸家などが作り上げた容器に入れられたものも存在しています。

バカラ製のボトルや著名な陶芸家が手がけた瓶などは、それだけでとても高い価値を持っているため、開封されたものであっても、また、飲み干した後のものであっても、査定基準をクリアしていることが多いのです。
価値の高いお酒の空き瓶も同様です。

もしこうした瓶やボトルが無傷であれば買取対象となりますし、かなりの高額で売ることができるでしょう。
コレクターからすれば容器だけでも飾っておきたいと思うものなので、お酒の買取業者としても欲しがるところが少なくありません。

開封されてしまったお酒でも、このように瓶やボトルに価値があるかもしれませんから、捨てる前に査定に出してみることをおすすめします。