保管状態や品質状態の良さが必要

お酒はとてもデリケートなものなので、保管状態やその方法によって、買取時の金額が大幅に変わってきてしまいます。
状態が相当悪ければ買取不可という判断を下されることもあり、これでは宝も持ち腐れになりかねません。

お酒を手に入れたりもらったりした時には、売る時のことも考えて、できるだけ良い状態で保存しておくことを心がけましょう。

お酒を売ろうかどうか考えた瞬間に、正しい保管状態を作り出しておくことも重要です。
それまでの保管方法が正しくなく、品質状態が悪くなっていると査定額に響いてはしまいますが、それ以上に悪くなるよりはマシなはず。

さらに状態が悪化し査定額や買取額がダウンしてしまう前に、もう一度保管状態を気にしつつ、買取業者へ査定依頼しなければいけません。

お酒ごとに品質を最大限守るための保管状態や保存方法は異なってくるため、これも間違わないようにしてください。
環境が変われば劣化が加速するのがお酒というものです。
丁寧に扱い、できるだけ良い状態で買い取ってもらうよう心がけましょう。

液漏れがあるお酒は買取されない

お酒は、栓を開けていなくても中身が減ることがあります。
わずかに空気に触れており、それによって蒸発して量が徐々に減っていくのですが、これは保管状態に気を付けていても起こり得ることなので、極端に量が減っていなければ特に問題はないでしょう。

それよりも買取価格などに大きな影響を与えるのが“液漏れ”です。
読んで字のごとく、ボトルの中のお酒が外に漏れ出してしまう現象で、間違った保管状態にし、それを長年放置しておくことで起こります。

例えば、ワインなどはボトルを寝かせながら保管すると、コルクにワインが触れて空気の侵入を遮り劣化のスピードを落とすことができるのですが、もしコルクの状態が悪ければ、そこからワインが外に漏れ出すことがあるのです。

これが液漏れなのですが、何もワインに限ったことではなく、お酒ならどの種類にも起こり得る現象であることは知っておきましょう。

極端な液漏れがあるお酒は買い取ってもらえないケースが多いので、コルクなど栓の状態は常に気にし、買取不可という結果にならないように気を付けて保管・保存しなければいけません。

キャップ・コルクの不良

お酒は必ず栓がされています。
この栓に不良があると、上で説明したような液漏れの原因となってしまいます。
液漏れがなくても酸化により中身が劣化している可能性が高く、そのままの状態で品質を保つのはかなり難しいでしょう。

お酒の買取業者は、こうしたコルクやキャップ部分の状態を非常に気にします。
この部分に不良があれば、中身に大きな悪影響が及んでいると判断せざるを得ないからです。

特にコルクは繊細で、少しの衝撃でも割れたり変形したりしますから、丁寧に扱わなければいけません。

お酒を買い取ってもらおうと思ったら、特にこのコルクやキャップ部分の扱いには注意してください。
ここを傷つければ一気に査定額は下がり、状態によっては買取してもらえないことも出てくるので要注意です。

劣化のリスク高まる!早めに買取をしてもらう

お酒は、個人で所有していればいるほど、劣化のリスクが高まります。

・コルクなどの栓の部分を傷つけてしまう
・コルクの傷などが原因で液漏れを生じさせてしまう
・丁寧に保存しているつもりでも、そのお酒にとって適切ではない方法で保管してしまっている

 

このように、あらゆる原因で劣化する危険があるんです。

劣化したら価値が下がるのは当たり前。
価値が下がれば、買取金額も大幅に下がってしまいます。

このリスクを回避するには、早めに買取に出すしかありません。
お酒やその保管方法に詳しくないなら、時間をおかずに買取業者に査定に出すことをおすすめします。