査定方法もさまざまなら、買取方法もさまざまなお酒の買取サービス。
ここでは、とても基本的な買取方法をいくつか説明していきます。

どの方法に最もメリットを感じるか、それを考えながらチェックし、お好きな方法で買取依頼をしてみましょう。

初心者におすすめ宅配キット

近年とてもニーズが増えてきているのが、“宅配買取”と呼ばれる方法です。
文字通り、宅配によってお酒を買い取ってもらえるサービスなのですが、ほぼ自宅にいながら利用できるのでとても利便性が高く、利用者も順調に増えてきています。

宅配買取を利用すると決めたら、お酒の買取業者から宅配キットを受け取りましょう。

これは宅配での買取専用のキットで、段ボールや緩衝材、お酒の情報が書き込める用紙(申込書)などがセットになっているので、自分で段ボールなどを用意する手間が省けます。

もちろん、自分で梱包に必要なものを揃えて送っても問題ありません。
ただ、お酒を売った経験のない初心者は、宅配キットを送ってもらって、それを利用する方が楽ですし確実かつ安全でしょう。

お酒を自宅から持ち出さなくてもいいため、女性や高齢者の方は、特に利便性の高さが感じられるはず。
宅配買取の場合は金融機関の口座に買取金額が振り込まれますが、この対応も早いので、不要なお酒をすぐに現金に換えることができます。

最短で買取したいなら!持ち込み買取

どの買取方法でもお酒を現金に換えるスピードはとても早く、最近ではどの業者もスピーディーに対応してくれてはいますが、直接業者に持ち込んで買い取ってもらう形ほど、早くキャッシュを手に入れる方法はないでしょう。
最短で売買を成立させたいなら、持ち込みによる買取をおすすめします。

業者へダイレクトに持ち込んで買い取ってもらうと、その場で現金を渡してくれる業者がほとんどです。
お酒が高価なものであれば数十万円の値がつくこともありますし、もしかしたら100万円を超えるものもあるかもしれません。

そのような高額買取になったとしても、その場で現金で手渡してくれます。
もし大金を持って外を出歩くのが怖いのであれば、直接持ち込んで買い取ってもらう形であっても、口座への振込をお願いすることができます。

即日振り込んでくれますし、何よりもこの方法なら宅配買取のように荷物が業者に届くまで待つ必要もありません。

大量・遠方の方におすすめ!出張買取

お店に直接持ち込む形で買い取ってもらうのが困難なケースもあるはずです。
例えば、処分したいお酒の量があまりにも多すぎて外へと持ち出せないケースや、お酒が保管してある場所から行ける範囲内にお酒の買取業者のオフィスなどが存在していないケースです。

この場合には宅配買取を利用してもいいのですが、宅配キットを受け取るのに時間がかかりますし、大量のお酒を梱包する作業も若干面倒に感じることがあるでしょう。

そこでおすすめしたいのが、“出張買取”です。

出張買取というのは、お酒買取業者のスタッフさんに出張してもらい、自宅などお酒の保管場所まで足を運んでもらった上で直接買い取ってもらう方法です。

これならどんなにお酒の量が多くても自宅で待っていればいいだけですし、天候などにも左右されることがありません。

また、買取が成立すればその場でキャッシュを渡してくれるので、口座に振り込んでもらうまでの時間も待たずに済むというメリットもあります。

直接相談や交渉ができるなどのメリットもあるので、それに魅力を感じるのであれば、この出張買取を利用してみましょう。

お近くの方におすすめ!店頭買取

もし近くにお酒の買取業者のお店やオフィスなどがあるなら、“店頭買取”を利用してみてはどうでしょうか。

これは直接持ち込む方法と同様のもので、一般的にはこの店頭買取という表現が使われることが多くなっています。
なので、メリットも持ち込み買取と変わりません。

・スタッフからの説明が受けられる
・買取額を上げてもらうための交渉がしやすい
・その場で現金を受け取れる
・新たなお酒を購入することができる
・買取までの時間がかからない

 

店頭買取にはこのようなメリットがあります。
本数が多いと少し面倒にはなるものの、メリットは非常に大きいので、もし自動車など運搬手段が整っているのであれば、ぜひ店頭買取も検討してみてください。