お酒の買取に必要不可欠な“査定”ですが、これには複数の方法が存在しています。基本的な査定方法を4つ紹介しましょう。

紹介する方法のうちどれかを利用すれば手間をほとんどかけずに査定してもらえますし、お手持ちのお酒の価値をすぐに知ることが可能です。

24時間いつでも受け付け!WEB査定

ホームページを運営しているお酒の買取業者であれば、ほとんどでこのWEB査定を利用することができるでしょう。

これはオンライン査定とも呼ばれており、ホームページの中にある専用フォームに必要事項を入力して送信することで仮査定を行うことができます。

WEB査定は、専用フォームにお酒の種類や状態などを入力する欄が設けられていて、業者によってはお酒の写真がアップロードできるようになっています。

より正確に査定額を出してもらいたいのであれば、デジカメやスマートフォンなどでお酒の写真を撮影し、ファイルも一緒に送り査定してもらいましょう。

WEB査定やオンライン査定のメリットは、24時間いつでも送れるところです。
会社勤めをしている人でも夜や休日に時間を見つけて、専用フォームに必要事項を入力し、査定を申し込むことができます。

業者によっては、直接メールでも買い取ってもらいたいお酒の内容や写真などを送る形で査定を受け付けているので、専用フォームかメールか好きな方を選択するといいでしょう。

いつでもどこでも簡単!LINE査定

普段からLINEを利用しているのであれば、このアプリを活用して査定してもらうこともできます。
最近ではどのお酒買取業者でもLINE査定を導入しているので、気軽に査定してもらいたい人は、この方法が便利かもしれません。

LINE査定を利用するには、まず査定をしてもらいたい業者と友だちになる必要があります。
友だち追加から登録をし、査定を申し込みましょう。

査定してもらうには、お酒の写真を撮影しなければいけません。
お酒の情報なども簡単でいいので文章で添えて、撮影した画像を送ってください。
その後、業者のスタッフさんが査定結果をLINEで報告してくれます。

スマートフォン一つあれば写真を撮影してお酒の価値を教えてもらえるLINE査定。
いつでもどこでも査定依頼ができますから、忙しい人にもぴったりです。
WEB査定で必要事項などを記入するのが面倒だと感じる人にもおすすめできる査定方法ですよ。

ネットや撮影が苦手な方は!FAX査定

インターネットを活用した査定方法や、スマホで写真を撮影して業者へと送る査定方法を紹介しましたが、そうした行為が苦手な人もいるでしょう。

ネットに詳しくない、写真の撮影が苦手である、そもそもLINEやスマートフォンを利用していない人などは、FAXによる査定を選択してみてください。

最近では少しずつ使われなくなってきているFAXですが、多くのお酒買取業者がこの方法で査定依頼を受け付けています。

FAX査定に必要な用紙を業者のホームページからダウンロードして印刷し、そこに必要事項を記入してFAXで業者まで送信すれば、お酒の買取業者がその情報を元に査定を行い、大体の買取額を連絡してくれます。

FAX査定専用の申込書を印刷しなければならないという手間はかかりますが、印刷さえしてしまえば必要事項の記入は手書きでOK。
キーボードを打つのが苦手な人でも利用のしやすさを感じることができるでしょう。

電話が最も早い!電話査定

とにかく今すぐにお酒の価値や査定額を知りたいという人は、お酒の買取サービスを行う業者に直接電話をしてみてください。
この方法が最も早く、仮査定をしてもらうことができます。

フリーダイヤルにより無料で査定や相談を受け付けてくれている業者もあります。
電話であればお酒の買取について、専門知識を持ったスタッフに直接相談することもできますし、すぐに疑問を解決することもできるでしょう。

このスピード感が電話査定の何よりの魅力です。
必要事項の記入などの手間も省けるので、思い立ったらすぐ行動タイプの人には、この電話査定をおすすめします。