お酒の買取の流れ

何事も初めてチャレンジすることには臆病になるものです。
お酒の買取経験が皆無の人は、どのようにこれを行っていけばいいのか把握できていないはず。

しかし、お酒を買い取ってもらうこと自体は全然難しい作業ではありません。
ほとんど買取業者に頼ってしまってもいいのですが、できるだけスムーズに事が進められるよう、ここでお酒の買取の流れを勉強しておきましょう。

お酒の買取業者を選ぶ

お酒の買取をしてもらうためには、まずお酒を買い取ってくれる業者さんを選択しなければいけません。

インターネットで探せばいろいろなところがお酒の買取サービスをしていることがわかるでしょう。

自分の持っているお酒の種類や買取方法などを考慮しながら、最適な業者を選択することが重要です。

そうは言っても、お酒を安心して売ることができる業者さんは絞られてきます。
以下の条件に合うような業者を選べば、まず失敗してしまうことはないでしょう。

・お酒の買取を専門としている
・買い取っているお酒の種類が豊富
・お酒に詳しい専門スタッフが在籍している
・査定や買取の対応がスピーディー
・高額買取が実現できる理由が明確である

 

これら全てに当てはまっている業者であれば安心して利用できますし、高額査定を出してもらうことが可能なはずです。

また、これら全てに当てはまる業者は限られていますから、どこに売るべきかはすぐに決断できるでしょう。

お酒の査定を行う

お酒の買取業者を選択したら、次は、お酒の査定をしてもらわなければいけません。
査定はあくまでも査定であり、買取とは違うので要注意。

業者の出してきた査定額に納得がいけば買い取ってもらえばいいですし、納得がいかなければ交渉したり、別の業者に新たに査定してもらうことも検討しましょう。

お酒の査定方法は、以下のようなものがあります。

・電話査定
・オンライン査定
・メール査定
・LINE査定
・FAX査定
・持ち込み査定

 

業者によって採用していない査定方法もありますが、最近ではどの業者でもほぼほぼ利用できますから、好みの方法で査定してもらえなくて困るとことはないでしょう。

自宅にいながら査定してもらえるので、便利だと思う方法を利用し査定してもらってください。

お酒を郵送する

オンライン査定やメール査定、LINE査定などを活用し自宅にいながら査定してもらった場合には、お酒を業者に郵送する方法で買い取ってもらう形が便利かもしれません。

もちろん店頭に直接持ち込んでも構いませんが、お酒の量が多いと大変ですし、そもそも近くに店頭がない人もいるでしょうから、その場合にはやはり郵送による売却がおすすめです。

お酒を郵送する場合、それが業者のお店やオフィスに到着してから、本査定を行う流れとなります。
ここで正式な買取価格が決定するわけです。

金額を提示されたら、買取を了承するか、それとも交渉するか、あるいは買取をキャンセルするか選ばなければいけません。

買取価格を入金してもらい終了

お酒の買取業者が提示した査定額で問題がなければ、その旨を業者に伝えましょう。
これで、お酒の買取の取引が成立します。

お酒を業者に郵送して買い取ってもらった場合、基本的には買取金額を指定した口座に振り込んでもらう形になるでしょう。

早いところでは即日、遅くても次の日(休業日であれば次の営業日になるケースが多いです)には振り込んでくれる業者が大半です。

提示してもらった金額がしっかりと入金されているかを確認したら、全ての取引が終了となります。

とても簡単ですよね。
3〜4つのステップでお酒を買い取ってもらうことができますから、不要なお酒があれば、ぜひ査定に出してみましょう。