【お酒を高く売るコツ】教えます!

少しの工夫や気遣いで、お酒の買取価格は確実にアップさせることができます。そのために必要なコツやポイントや意識しておくべき点を紹介しましょう。
少しでも高価買取を狙うなら、ここで挙げたコツは必ず守らなければいけません。

お酒を高く売るコツ①査定前には簡単に掃除する

お酒の買取を行うのはロボットではありません。人です。
汚いものが好きな人はいませんし、それは買取業者も同じ。

業者が買い取ったお酒を他のコレクターやレストランなどに売る際にも、綺麗である方が高く売れると普通は考えるものですよね。

一般の人も同じ感覚を持っておくべきです。
お酒を高く買い取ってもらいたければ、査定前に掃除をしておきましょう。

掃除といっても、ごくごく簡単で構いません。
むしろ簡単にしておかないと、逆にお酒の商品価値を下げてしまう可能性も出てきます。

それではもったいないので、以下のコツや注意点を頭に入れた上で、持っているお酒を掃除してみてください。

・丁寧にホコリを落とす
・ラベル(エチケット)部分にはあまり触れない
・水拭きは極力使わない(特にラベルやコルク部分は厳禁)
・石鹸や洗剤などは使わない
・タワシなどは使わず柔らかい布で拭く
・軽く拭いて落ちない汚れは強引に落とそうとしない

 

汚れを落とした方が高く売れやすくなる傾向がありますが、それによってラベルやコルクや瓶そのものを傷つけてしまったら意味がありません。

そうなってしまうと、相場の査定額よりも低い金額しか提示されなくなってしまうので十分に注意しましょう。

お酒を高く売るコツ②付属品などが揃っていると査定額アップ

お酒は飲み物なので瓶の中身が何よりも重要ですが、コレクターの中には瓶や、それが入れられている箱など、付属品にも価値を見出す人たちがたくさんいます。

これもお酒の買取業者側からすれば、「付属品は揃っていればいるほどいい」と思うのが当たり前で、それは全て買い取った後に他のコレクターなどに売ることを考えているからなのです。

お酒を売る前に、付属品を揃えておきましょう。
お酒を飾っていた人は、箱やその他の付属品を別の場所に置いてある可能性もあります。

高級なお酒だと査定額は数万円から、場合によっては10万円以上も変わってくるので、必ず確認してから業者に持ち込むようにしてください。

【お酒の付属品でよくあるもの】
・化粧箱(袋)
・替栓
・ギャランティーカード(保証書)
・専用グラス
・その他プレートなど

 

箱に関しては高級品であるかどうかは問わず、多くのお酒に付いています。

替栓も付いているお酒をよく見かけますが、バカラ製のボトルには必ずと言っていいほどこれが付属されていて、替栓のみでも買い取ってくれる業者が多く、付属品としてはとても大きな価値を持つことになります。

箱以外はあまり大きなものではないので、別々にしまってあると見つけるのに苦労するかもしれません。

ただ、やはり査定額のことを考えるとあった方がずっと有利ですから、諦めずにくまなく探してみましょう。

お酒を高く売るコツ③できるだけまとめて売る

もう飲むことがないお酒と、もしかしたら飲むかもしれないお酒、どちらもある場合には、「とりあえず、もう飲まないものだけ先に売ってしまおう」と考えるのが普通の感覚ですよね。

しかし、より高く買い取ってもらいたいのであれば、“もしかしたら飲むかもしれないお酒”も一緒に売ってしまった方がいいでしょう。

お酒の買取業者は、まとめ買いを好みます。
買取本数が多いと、それだけ査定額を上乗せしてくれるところが多いのです。
まとめて買い取れば、業者にとってはそれだけ多くの商品を一度に手に入れることができます。

人件費などもカットすることができるので、そのカットできるコストの分を査定額のアップに回すことがしやすくなるわけです。

絶対に飲むお酒以外は手放してしまった方が、査定額は確実に上がりますよ。

お酒を高く売るコツ④飲まないお酒はすぐに査定!

「飲まない」と判断したお酒は、素早く売りに出しましょう。
「飲むかも」と思っているお酒も同様ですし、「飲むか飲まないか、あとで決めよう」と考えているお酒も同じです。
そのように考えているということは、結局飲まない可能性が高いからです。

お酒には通常賞味期限や消費期限はありませんが、劣化がしないわけではなく、製造や瓶詰めから年数が経てば経つほど、質が悪くなるものも多いのです。

つまり、売るタイミングを遅らせれば遅らせるほど劣化が進み、査定額が下がる可能性が出てくるということ。

中身だけではなく、ボトルにも汚れがつくかもしれませんし、ラベルも剥がれてくるかもしれません。
流行りが過ぎ去ってしまえば、もちろん買取額も下がってしまいます。

「絶対に飲む!」と自信を持って言えるお酒以外は、査定額が高いうちに買い取ってもらうべきでしょう。